あちこち足を運んだおでかけ記録です。東京暮らしもあと少し。


by hana_TK

湯河原&大雄山最乗寺

c0119649_2141021.jpg金曜の夕方、会社を抜け出し、申し合わせて女4人で新幹線に飛び乗り。小田原乗換で湯河原へ。

泊り忘年会と称して宿泊した先は、「上野屋」。江戸時代創業の旅館で、ちょうどこの日、登録有形文化財に県が申請したそうで、新聞の湘南版でニュースになってました。とても古い建物がそのまま活かされていて、レトロで落ち着いて、サービスもよし。写真の露天の足湯も気持ち良くて満足。


c0119649_2053465.jpg翌日は、小田原城散策のあと、大雄山線とバスを乗り継いで、向かったのは最乗寺。パワースポットだと聞いていたけれど、確かに霊気に満ちていて、標高のせいもあるものの、全体的にひんやり。苔むす木々は屋久島を思い出させる。

想像以上に広い境内で、老杉と、味のある建物が並ぶ。中でも私が見惚れてしまったのが、この多宝塔。ラインがとても美しくて緑と調和した姿が印象的。


c0119649_2053572.jpg残念ながら紅葉はかなり終焉モード。木々よりも石段に落ちた葉がきれい。紅葉真っ盛りシーズンに来てみたいなあ、今度は。

石段をひたすら登って(写真はまだ序の口の部分)、最後にたどりつくのが奥の院。一通り歩いたら、なんだかエネルギーをもらった気が。

そして、金土で旅行すると、帰ってきてもまだ明日休み!というのがなんともうれしい。
[PR]
by hana_TK | 2009-12-12 21:25 | Travel

恵比寿&外苑前散歩

c0119649_21253811.jpg天気のよかった今日は、ぷらぷらと歩いて恵比寿へ。

バカラのシャンデリアがきらびやか。でも、昼間はうしろの高層マンションが視界にばっちり入ってしまい、夜のほうが絵的にはきれいな気が。いつも休日でも人がまばらなガーデンプレイスが、心なしか賑わっていました。


c0119649_2123427.jpgランチは前から気になっていた「まめぞん」にて。日仏会館のすぐ近く、2階にあるけれど内装は夜のダイニングバーのような雰囲気で、イスはカッシーナで座り心地よし。

こじんまりしていて、サービスも行き届いていて、料理が出てくるタイミングも絶妙。



c0119649_21145146.jpg2625円のパスタコースをチョイス。にんじん好きでない私でもおいしいと感じるスープ、上品な味のイベリコ豚のパスタ、ゴルゴンゾーラたっぷりのリゾット、とどれも堪能。最後のデザートのモンブランのパフェ仕立て、これがかなり絶品。

コストパフォーマンスかなりよしで、近所だしまた行きたいなあと思ったお店。今回はオーダーしなかったけれど、スプマンテ飲み放題も気になる・・・。


c0119649_21255961.jpgランチのあとは、腹ごなしに、もう落葉進んでいるのは覚悟で、外苑前のいちょう並木へ。きのうの雨もあってか、案の定、かなり落ちていたものの、いくつかまだ見ごたえのある木も残っていて、訪れてよかった。道まで黄色になるこの通りは、やっぱり東京の紅葉名所のTOPかと。

それにしても、もう師走。今年もあとわずかだなんて、本当に1年って早いなあ。
[PR]
by hana_TK | 2009-12-06 21:56 | Tokyo Landscape

秋川渓谷 滝めぐり

連休3日目の今日は、早起きして、新宿からホリデー快速「あきかわ号」にて武蔵五日市駅へ。そこからバスに乗って、「千足」にて下車。
c0119649_20441627.jpg
そこからてくてくと急な坂道を登る。目指すは、天狗滝。このあたりは東京都檜原村。東京とは思えない、静けさと、水の透明度の高さにびっくり。そして、思いのほか、ハードな道のりで、トレッキングシューズは必。明日の筋肉痛は間違いない。

c0119649_20481750.jpg
30分強歩いて、たどりついたのが、メイン写真の天狗滝。いやー、これはわざわざ見に行く価値あり。滝壺に流れる滝のラインがなんともきれいで、しばし見とれる。夏なら思いきり水浴びしたい気分だろうなあ。そのさらに先には、綾滝があったのだけれど、体力的に断念。

右下の滝は、「小天狗滝」で、天狗滝の手前にあるのだけれど、これを「天狗滝」だと勘違いして引き返そうとしている人もいた。そして、左上は、「払沢(ほっさわ)の滝」。東京都で唯一日本の滝100選に選ばれていて、4段に分かれている珍しい滝。こちらは、駐車場から遊歩道を15分ほど歩けば辿り着けるので、気軽に行けます。滝づくしでマイナスイオンたっぷり。
c0119649_20444639.jpg
こちらの行列は、「檜原とうふ ちとせ屋」。揚げたての「うの花ドーナツ」はさっくりしていて美味。
c0119649_204545.jpg
そして、最後は、またバスを途中下車し、とてものどかな道を30分ほど歩いて、紅葉の秋川渓谷へ。渓流の音以外、何も人工的な騒音がなくて、静か。猫もまったり。

今日はたくさん歩いて健康的な日帰り旅。家から片道1時間半ほど、15時半には帰宅できる気軽な旅で、東京の知らない大自然に出会えて満足。
[PR]
by hana_TK | 2009-11-23 21:13 | Travel

高野山へ

c0119649_23251774.jpg旅の最後3日目は、高野山へ。

高野龍神スカイラインを通って。頂上はすっかり落葉して冬景色だったけれど、山の中腹は紅葉の見ごろ。紅葉真っ盛りの景色を目にしたのは今年初!



c0119649_23254087.jpg高野山はまずは奥の院めざして、てくてくと。杉が生い茂って、うっそうとした雰囲気。


c0119649_2326228.jpgちょっと行くと、お墓がたくさん。なぜか駆除されたシロアリの墓があったり、ロケット型の墓があったり。どうやら、いろんな企業の慰霊碑や供養塔が並ぶエリアのよう。

さらに進むと、今度は織田信長・石田光成・明智光秀・武田信玄などなど、錚々たる方々のお墓が。敵同士もご近所さんだったり、なんとも不思議。


c0119649_23262822.jpg奥の院のあとは、金剛峯寺へ。入口は色鮮やかな赤が美しい。

金剛峯寺は、豊臣秀次が自刃した部屋があったり、お茶を飲みながらお坊さんの説教が聞けたり、見ごたえあり。総本山だけあって、信者の方もたくさん見かけた。


c0119649_23264771.jpg蟠龍庭(ばんりゅてい)と言われる庭は、は、広さ2340㎡に及ぶ国内最大の石庭。


c0119649_2327691.jpgこちらの壇場伽藍は、〈胎蔵曼荼羅〉の世界を表しているといわれていて、奥の院とともに、高野山の二大聖地とされているそう。

3日とも行楽日和で、和歌山県をあちこちと堪能でき、ちょっとは親孝行にもなって、なかなかよい旅でした。
[PR]
by hana_TK | 2009-11-18 23:46 | Travel

紅葉しめくくり@詩仙堂

c0119649_083791.jpg
今回の紅葉狩りの締めくくりは、詩仙堂にて。

More
[PR]
by hana_TK | 2008-12-02 00:14 | Travel
c0119649_23361787.jpg
京都の代表的見どころ、清水寺。さぞかし混んでいるに違いない、と朝早くに訪れてみた。すでに人、人。ただでさえ人気な上に、ちょうどこの日は、

More
[PR]
by hana_TK | 2008-12-01 23:46 | Travel
c0119649_22493621.jpg
天龍寺を訪れたついでに、5分で行けるという表示を見て、行ってみるか、と訪れた常寂光寺。それほど期待していなかったのだけれど・・・

More
[PR]
by hana_TK | 2008-11-30 22:46 | Travel
c0119649_22332972.jpg
電車を乗り継いで嵐山へ。渡月橋は左側通行に制限されるほど、すごい人だった。山が絵の具を塗ったようなカラフルな色合いできれい。

More
[PR]
by hana_TK | 2008-11-30 22:37 | Travel
c0119649_225746.jpg
京都づいている近年。春の桜、夏の大文字に続き、秋の京都にも行ってきました。

まず向かったのは、北野天満宮。

More
[PR]
by hana_TK | 2008-11-30 21:45 | Travel

紅葉の知床へ

10月半ばの3連休、またまた旅へ。今回は、世界遺産にもなって、ずっと気になっていた知床へ。かなり北海道づいているこのごろ。

c0119649_1358322.jpg
知床五湖を散策。奥に行くほど、葉が色づいていて、水面に映って美しい。5つの湖をくるっと1時間くらいで廻ることができる。天気の変わりが激しくて、途中はどうなることかと思ったけれど、最後まで歩いてよかった!

c0119649_13595366.jpgその名も「夕陽のあたる家」という宿に泊まって、期待通りの景色。こうやって旅先で夕日を眺めるたびに、なんだか普段はあくせくしすぎているなあ、と思ったりする。


c0119649_1424254.jpg2日目の夜は、夜の動物を見るツアーに参加。車の中からライトを照らして動物を探す、というもの。知床が世界遺産になってから、観光客が増えて、民家をシカが襲う、といったニュースが一時期流れていたけれど、予想以上に昼間も夜もシカはたくさん。
写真はりっぱな角のあるオスジカ。そして、ラッキーなことに、キツネも見れて、最後にクマの親子も発見!


c0119649_1462699.jpg2日目は
風が強くて、知床名物のクルーズが全面的に中止で、どうなることかと思ったけれど、最終日に乗ることができた。かなり揺れたので、船酔いの人続出だったけれど。船から知床連山を臨む。羅臼岳の上はすでに雪で覆われている。この季節はもう見るのが難しいと言われていたクマも、船からも見れてとっても幸運。


c0119649_14185473.jpg知床の絶景は、何度もアラスカを思い起こさせた。日本にもここまで広大な風景があったとは、と本当に驚きの連続。あまりに高遠すぎて、写真に収められずお見せできないのが残念。寒さにおじけそうだけれど、冬の流氷シーズンもぜひ行ってみたいなあ、と思う。2泊3日で、他にも摩周湖や網走刑務所などもろもろ廻って大満足だったので、国内ではかなりおススメの旅先です。
[PR]
by hana_TK | 2008-10-14 13:50 | Travel