あちこち足を運んだおでかけ記録です。東京暮らしもあと少し。


by hana_TK

雨の箱根

c0119649_213135100.jpg週末は箱根へ。こんなときに限って、天気予報は当たって、小雨が降り続く中。

初めて青のロマンスカーに乗った。中は木目調のデザインで、ラグジュアリーな雰囲気。旧来の車両とは大違いで快適。同じ値段なら、こちらのほうが断然おススメ。表参道から乗れるので、新宿の人ごみをかき分ける必要もないのもいい。

c0119649_21315166.jpg向かった先は富士屋ホテル。相当な歴史と格式を感じさせる。いつもはモダンな宿のほうが好みだけれど、たまにはこうしたクラシカルな雰囲気もいいな。

広い温泉プールもあってたくさん泳いだり、旦那さまからのホワイトデープレゼントでKADAN SPAに出かけたりもして、あまり天気は関係なく楽しめる旅にできてよかった。

c0119649_213265.jpgしかも、普通に安い部屋を予約したのだけれど、結婚記念日ということで花御殿のジュニアスイートにアップグレードしていただき。

かけ流しの温泉檜風呂や、広いウォークインクローゼットもついていて、なんとも贅沢な空間。赤いソファがシック。

c0119649_21321853.jpg夜は、お決まりの「ザ・フジヤ」にてフレンチ。重厚な雰囲気で、天井の装飾が圧巻。

あっという間に満席に。結構カジュアルな服装の人も多かったけれど、ここは年配のドレスアップした婦人にジャケットの白髪紳士が似合う。

c0119649_21323478.jpgコースは、魚と肉をハーフにできたり、シャンパン・赤・白のグラスを1つずつ選べるワインセレクションがあったり、で思ったより良心的。どれも濃厚で美味しかったけれど、特に写真の「ソラマメのフランと春キャベツのスープ」が絶品。

フレンチって、途中でお腹いっぱいになってしまうせいもあるけれど、前菜のほうが印象に残ることが多い気がする。あと、途中から酔っ払ってしまうせいもあるか(笑)。

全体的に満足度高く、ぜひまた訪れたい場所。
[PR]
by hana_TK | 2010-03-07 22:05 | Travel
c0119649_2336210.jpg
GW明け、箱根の芦ノ湖方面へ。目当ては、山のホテルのツツジ。ちょうど満開の時期を狙って。

More
[PR]
by hana_TK | 2009-05-31 23:43 | Travel
c0119649_22325864.jpg今回、箱根で初めて訪れたのが、「星の王子さまミュージアム」。

あのサン・テグジュペリの名作のシーンやキャラクターが観られるだけでなく、作品ができた背景や作者の人生を垣間見ることができるようになっている。


c0119649_22332395.jpg
挿絵もすべてサン・デグジュペリが描いていたとは、初めて知った。彼がリビア砂漠に墜落したときのエピソードにヒントを得て書かれており、細部で実生活がつながっていて、薔薇は奥さんと重なっていたり、と、ちょっとした発見がたくさん。

いろんな場面をおぼろげながら思い出して、子どもの頃大好きだった本を、ひさびさ読んでみたくなって、ついつい購入。いつか子供ができたら連れて行きたいなーと思う場所。
[PR]
by hana_TK | 2007-10-08 22:42 | Travel
c0119649_22151648.jpg今回の箱根旅行での、グルメ一押しヒットがここ。場所は箱根湯本。

「彦」と書いて「げん」と呼ぶ店名そのものの石臼で挽いた蕎麦は、1日30食限定。ホワイトボードにマグネットで残数がカウントされていて、予約もかなり入っていた。あと4つとギリギリのタイミングで食せた。

短めの蕎麦で、ほどほどの粗引きでホシが入っていて、コシがしっかり。私好み。箱根に行くならまた訪れたいお店。


[PR]
by hana_TK | 2007-10-08 22:29 | Groumet
c0119649_035983.jpg
箱根の定番観光地といえば、大涌谷。

約3000年前、箱根火山の最後の爆発でできた神山爆裂火口の跡。今でも岩肌から豪快に水蒸気や硫化水素が噴出していて、何度行っても、絶えることないこの勢いがどこからどうやって成り立っているのか、不思議でしょうがない。


c0119649_025611.jpgそして、今回、すごくうれしかったのは、富士山がくっきり見えたこと。秋晴れの中、臨むことができて、得した気分。

そういえば、今年は、平年より5日遅く、つい先日の6日に初冠雪を観測したそう。

c0119649_0335093.jpg大涌谷の名物といえば、いわずと知れた「黒タマゴ」。1個食べると7年寿命が延びるとの言い伝え。もともとは普通の白い卵なのに、なぜ黒くなるのかといえば、大涌谷の湯釜で玉子をゆでると気孔の多い殻に鉄分が付着し、これを蒸気で蒸すと硫化水素と殻の鉄分が反応して硫化鉄となって黒い殻になる、ということ。

あの大量なタマゴをどこから仕入れるのかと思ったら、北海道その他全国各地から取り寄せているそう。地元産じゃないんだ、とちょっとがっくりな気も?!
[PR]
by hana_TK | 2007-10-08 00:38 | Travel

千石原のススキ@箱根

c0119649_074747.jpg

c0119649_23585622.jpgまたまたうれしい3連休。箱根へ。

今回のメインテーマの1つは、ちょうど見頃だった千石原のススキ。桜や紫陽花などと比べると地味なイメージがあって、わざわざ観に行く価値があるのかな、とちょっと疑問ではあったのだけれど、一面に広がるススキの絨毯は圧巻だった。

穂波が、日の加減によって、金色に光るさまはきれいだったし、秋風に揺られてさらさらと立てる音も心地よかった。

人ごみも相当で、千石原の前に出る通りは、駐車場の空き待ちで大渋滞を起こしていて大変だったけれど。この季節の箱根で訪れるべき場所の1つであることは間違いないかも。
[PR]
by hana_TK | 2007-10-08 00:12 | Travel