あちこち足を運んだおでかけ記録です。東京暮らしもあと少し。


by hana_TK

タグ:ウォータースポーツ ( 6 ) タグの人気記事

カヤック再挑戦@長瀞

c0119649_22495957.jpg秋のうれしい三連休。中日の昨日は、日帰りで長瀞へ。

長瀞って、小学校のころにバーベキューしに行って以来?埼玉の秩父郡にあり、近そうだけれど、なかなか不便で、行きは連休の渋滞の影響もあって3時間半、でも帰りはスムーズに2時間の移動時間で済んだ。

とっても天気のよかったこの日、半日のカヤック体験ツアーに参加。先日、バラギ湖でチャレンジしたときは、くるくると回ってしまってなかなか思いどおりに進まなかったリバーカヤックに再挑戦。


c0119649_22552448.jpg初心者コースなので、ラフティングでも有名な急流のエリアではなく、玉淀湖にて。湖といっても、荒川のことで、ここから2Km下流にある玉淀ダムで堰き止められたダム湖をこう呼ぶらしい。なので、流れはゆるやかにある川を上って下る形。

前回はかなり苦労したけれど、今回は、なんだかかなりスムーズに漕げたような。腕だけでなくて、脚や腰など全身を使ってバランスとりながら進むコツがやっと分かってきた気がする。

続きはこちら・・・
[PR]
by hana_TK | 2009-10-12 23:21 | Travel
c0119649_2232137.jpgもう1つ参加したアクティビティーはカヤック。
バラギ湖にて、基本の講習を受ける。沖縄でやったときは、わりと思い通りに進んでいたのだけれど、このリバー用のカヤック、まっすぐ進むのがなかなか難しい。なぜかくるりと回転してしまったり・・・。風がわりと強いエリアらしく、午前中は2人ひっくり返っていたと言われたけれど、とりあえず沈は防げてほっ。この不安定な感じがカヤックの楽しさでもあるのだけれど。

この講習を受けると、無印の会員証に貼れるカヤックシールがもらえて、今後、無印のキャンプ場でカヤックがレンタルできる権利を得たことになる。もうキャンプには寒い季節になってしまうけれど、また来年あたり来たいな。無印のキャンプ場は全部で3つあるので、他の2つにも行ってみたい。
[PR]
by hana_TK | 2009-09-23 22:05

続いてパラセーリング

c0119649_2339370.jpg
なかなかアクティブだった今回の旅。海底の次は、空を飛んでみた。風で前日もその日の午後も中止になっていたので、タイミングがあって本当にラッキー。

ボートの先端にイス付のパラシュートが。ライフジェケットを装着して、裸足でイスに座ってスタンバイ。あっという間に風に乗って・・・

More
[PR]
by hana_TK | 2009-07-16 23:55 | Travel

初シーウォーク

c0119649_23163139.jpg
ハワイでもガイドブックの写真を見て気になっていた、シーウォーク。ヘルメットをかぶってそのまま海に潜れる、という画期的なしくみ。
今回、沖縄にて初チャレンジ。

ヘルメットは30kgくらいあるそうで、地上ではとても重いので、スタッフの方が押さえてくれて、頭に被せられて、そのあとはしごを使って海底へ。水中に入ってしまえば、ヘルメットの重さは感じず。

More
[PR]
by hana_TK | 2009-07-16 23:32 | Travel

一足早い夏休み

c0119649_22293173.jpg
金曜に有休をとって、マイルにて、2泊3日の沖縄旅へ。梅雨明け絶好シーズンのリゾートで、今回はマリンスポーツ満喫。

まずはマングローブをカヤックで探検。漕ぐのは、四万十川のカヌー以来だったけれど、カヤックのほうがシンプル。すいすいと2人乗りで進む。

マングローブとは海水と淡水がまじりあう汽水域に生えている植物の総称。亜熱帯・熱帯の沖縄ならではの生態系を、ガイドさんの説明で楽しみつつ、空を仰いだり、ゆーったりとした時間が流れて、なんとも心地よい。

More
[PR]
by hana_TK | 2009-07-13 22:50 | Travel

カヌー下り@四万十川

c0119649_23231155.jpgこの間、どうしてもやってみたかった夢を1つ実現。それは、四万十川でのカヌー下り。はるばる高知空港から片道、車で3時間をかけて。

1日ツーリングのコースに参加して、午前中は漕ぎ方を習う講習があって、午後はいよいよ8kmの川下り。最初、コツをつかむまでは思い通りにいかなかったけれど、次第にコントロールする術も身につけて、いざ出発。勢いあるところではひっくり返りそうになりつつ、なんとか堪えて、流れが弱いところではのーんびりと鳥の声を聞きながら流されるままに。

日本一美しいといわれる水はほんとに透明度抜群で、背が立たない深さになっても、底までちゃんと見えて、魚もくっきり。癒され具合と、ときどき襲ってくる激流のドキドキとの加減もほどよくて、子どもに戻ったようで、とても楽しいひとときだった。


c0119649_23415611.jpgこちらは、有名な沈下橋。大水のときに水面下に沈むように作られた橋で、点在している。流木などがひっかかって壊れるのを防ぐため欄干がないのが特徴で、このようにまっ平ら。車の運転が下手な私だと、落ちそうで、かなり恐怖・・・。

この橋が沈むくらい水が溢れる状態はうまくイメージできなかったけれど、すごい知恵なんだろうなあと思う。

c0119649_23422317.jpgそして、四万十の食といえば、鮎。骨までやわらかい。

そのほか、天然ウナギ、ごり、あまご、あおのりなど、たくさんの名物も味わえて、大満足の休日♪

遠いけれど、行く価値あり。
[PR]
by hana_TK | 2007-11-11 23:47 | Travel