あちこち足を運んだおでかけ記録です。東京暮らしもあと少し。


by hana_TK
c0119649_21461064.jpg直島には2つ美術館があって、まずはベネッセハウスミュージアム。サイトスペシフィック・ワークスというコンセプトで、直島の自然があるからこそできたアートが数多く展示されている。

印象に残ったのは、柳幸典の「ザ・ワールド・フラッグ・アント・ファーム」。各国の国旗が並んでいて、ぱっと見だけではなんだかわからなかったけれど、アリが砂を掘り進んだ跡が線になっている。国境を越える自由の象徴。

あと、ブルース・ナイマンの「100回生きて死ね」もなんだか訴えかけられるものがあったなあ。そして、杉本博司の「タイムエクスポーズド」。世界あちこちの地平線の写真が、瀬戸内海の海のラインと見事に重なっていることが分かったときの驚き。他にもいろいろ、アートってなんて楽しいんだろう、そして、この場所でなければ、と思わせられる作品ばかり。ギャラリーツアーで説明聞くのがおススメ。

c0119649_2147401.jpgそして、もう1つのミュージアムが地中美術館。その名のとおり、地中に作られた、なんとも贅沢な建築。たった3人の作品を展示するためだけの空間。

なんといっても楽しみにしていたのは、モネの睡蓮の部屋。GWということもあり、部屋に入るのにずいぶん待たされたけれど、部屋の中は限られた人数で、ゆったりと絵を楽しめる。床は大理石でただただ真白な空間。最初薄暗くて、奥に進むと自然光で明るくなり、そこに浮かぶ睡蓮。この演出には感服。モネの睡蓮は世界のあちこちで見てきたけれど、私の中で、NYのMoMAに次いで印象的な睡蓮になった。


c0119649_21464519.jpg美術館までの道には、モネが愛した植物を配した「地中の庭」があって、なんともカラフルに花が咲き乱れていて、春らしい景色。
[PR]
# by hana_TK | 2010-05-22 22:16 | Travel

アートの島滞在

c0119649_21185524.jpgちょっと間があいてしまったけれど、GWの話。尾道滞在の翌日、電車と船を乗り継いで、向かったのは直島。

かなり昔から気になっていたけれど、なかなか行く機会がなかったので、とても楽しみにしていた。船の中から、アートな雰囲気漂う感じのお客さんが多い印象。辺鄙な場所なのに、外国人の観光客もよく見かけた。


c0119649_21192328.jpg 宿泊は、ベネッセハウスのパーク棟。安藤忠雄の珍しい木造建築で、自然との調和が意識されていた。広がる緑とその向こうに広がる海が臨めるテラスでくつろぐひとときは格別。


c0119649_21215626.jpgミュージアム棟の上にあるオーバル棟にも宿泊者だけが行ける、ということで見学に。小さなトロッコに揺られて。自分でボタン押して動かす、なんとも味のある乗り物。


c0119649_21221694.jpg写真には収まりきらないovalの象徴的な建築。壁にある緑の部分がドアで、1つずつが部屋になっている。上から観た夕日もキレイだった。

そして、それぞれの棟の建物の中にも外にもいろんなアートがあって、スタッフが説明してくれるツアーも充実していて、とっても楽しく過ごせた。こんな空間が日本にあっただなんて。
[PR]
# by hana_TK | 2010-05-22 21:41 | Travel
c0119649_21574835.jpg今回の旅の目的の1つが、しまなみ海道を自転車で走ること。サイクリングロードが整備されていて、島を自転車で渡っていけるなんて、とてもロマンがあって、友達にその話を聞いて以来、ぜひともチャレンジしてみたくて。

尾道から、まずは船で向島へ。そして、船着場から歩いて10分ほどの役場で自転車を借りる。自転車は、島のどこでもレンタルできて、途中の島でも乗り捨てができるしくみ。

c0119649_21595268.jpg快晴で、気持ちよい青空の下、ひたすら自転車を漕ぐ。普段、都内で自転車乗ることなんて滅多にないので、手に力が入ってしまう。左右両方にギアがあったので、慣れるのに時間かかる。

走るにつれ、どこまでも続く空と緑、そして潮風・・・本当に気分爽快。


c0119649_2158749.jpgただ、島と島をつなぐ橋は、かなり高いところにあって、その直前は急な坂が続くので、思った以上にキツイ。やっと登りきって、橋を渡ると、因島へ。


c0119649_21584121.jpg因島では、砂浜でしばし休憩。

午後から走り始めたので、その先の島まで行くのはちょっと時間と体力的に厳しく、ここで引き返すことに。でも、2つの島を走っただけでも、かなり十分に満喫できた。翌日・翌々日の筋肉痛もすさまじかったけれど、楽しい経験。
[PR]
# by hana_TK | 2010-05-09 22:37 | Travel
c0119649_21301772.jpg今年のGWは、日本再発見の旅。前回の広島に続いて、瀬戸内づいているこのごろ。

まず飛行機で向かったのは、高松。そして、めがけたのは朝からやっていて、駅から近くのうどん屋「味庄」。何せ時間がなかったのだけれど、せっかく立ち寄ったからにはこれを食べねば、ということで。やっぱり本場は違う。かけうどん170円にちくわ揚げ80円也。

c0119649_21304111.jpgそして、高松から電車で瀬戸大橋を越える。

今回、旅の目的がいくつかあって、それを叶えつつ、マイルを利用できる路線で、ということで、高松入りをしなければだったので、移動がとても多くなってしまい。

c0119649_2130553.jpg1駅だけ新幹線乗って、山陽本線乗って、たどり着いたのは尾道。急勾配の山の上に城が見える。

以前、出張帰りに1度だけ来たことがあったけれど、この街訪れるのはかなり久しぶり。

c0119649_2131757.jpgそして、食すは尾道ラーメン。いろいろ名店はあるのだけれど、駅前にある「たに」にて。ここ、実は前の出張のときにも来たことが。駅近なのに本格的なラーメンが味わえるお店。魚のだしと平打ちの麺は好き。浮き上がる脂はちょっと苦手かな。

うどんとラーメン、炭水化物とりすぎ・・。でも、このあとちゃんとカロリー消費の予定あり。
[PR]
# by hana_TK | 2010-05-05 21:46 | Travel

追悼試合

c0119649_2358539.jpgきのうは、東京ドームにて、今季初の野球観戦。たまたま予約していたゲームが、キムタク追悼試合に。去年まで、当たり前に活躍している姿を生で観ていただけに、信じられない思いのまま、でも、そんな特別な試合に居合わせられることをうれしく思いつつ。


c0119649_23591628.jpg彼の息子の見事な始球式から始まって、結局は、やっぱり同期谷の逆転満塁HRに尽きる。これ以上ない筋書き。

あの球のライン、そして球場の異様なまでの盛り上がり、高揚感、すごかった。涙のインタビュー、帰ってからも、ニュースで何度も見入ってしまった。忘れられぬ試合。
[PR]
# by hana_TK | 2010-04-26 00:14 | Performance