あちこち足を運んだおでかけ記録です。東京暮らしもあと少し。


by hana_TK
c0119649_115392.jpgコペンハーゲンの次は、飛行機で、ノルウェー第2の都市、ベルゲンへ。

海外線のすぐそばまで山が入り組んでいる、フィヨルド地方独特の地形の街。写真は、ケーブルカーで登ったフロイエン山の山頂から。


c0119649_1147168.jpg国の第2の都市とはとても思えない、のどかで、「素朴」というのがとても似合う場所。


c0119649_1151742.jpg港に魚市場があって、その場で新鮮なシーフードが食べられる。やっぱりサーモンが一番。


c0119649_11512499.jpgこちらは世界遺産にもなているブリッゲンという木造家屋のエリア。ドイツのハンザ商人の家や事務所として使われていた建物が、そのまま活かされて、家屋と家屋の間はとても狭くて入り組んだ迷路のよう。


c0119649_11514518.jpgアート心にあふれる街で、マクドナルドの前にも。


c0119649_11515732.jpg浮浪者と思いきや。
[PR]
# by hana_TK | 2010-08-30 11:58 | Travel
c0119649_23194765.jpgデンマークでどうしても見たかったのがこれ。グレーの海とヤコブセンの監視塔。

コペンハーゲンから電車で北に向かい、Klampenborg駅から歩くとすぐに海岸が広がっていて、写真で見た美しいデザインの塔がたしかにここに。ただ、実際イメージと違ったのは、地元のおじいちゃんたちがオールヌードでくつろいでいたこと。写真からはちゃんと切り抜かれています。


c0119649_2320528.jpg近くにあるレストランヤコブセン。残念ながら、午前中早い時間に着いてしまったため、営業しておらず。それにしても、この建物が70年以上前にできているなんて、考えられない。現代に通じるモダン。


c0119649_2320259.jpgそして、電車に再び乗って次に目指したのは、ルイジアナ現代美術館。展示のしかたなどで、世界的に注目を浴びている美術館で、世界で一番好きなミュージアムに挙げている人もいて、気になっていたところ。

駅から15分くらい、てくてく歩くと、この緑生い茂る建物が現れる。11時からしか営業していないのが、いかにもヨーロッパ。


c0119649_23204555.jpg現代アートを楽しみつつ、疲れたらのんびりカフェや芝生でくつろぐ。その向こうに見えるのは、オーレン海峡。対岸はスウェーデン。

緑の中に散歩道が広がり、そこに調和した彫刻の数々。アート自体というよりも、美術館の雰囲気を楽しんだ感じ。

c0119649_23311758.jpg

[PR]
# by hana_TK | 2010-08-16 23:38 | Travel
c0119649_2362114.jpg中国に行く前に、せっかくの有給消化ということで、避暑も兼ね、北欧一人旅へ。

まず向かったのはデンマーク。コペンハーゲンは、自転車が多く、自転車用に道がきちんと整備されていたり、シティバイクが浸透していたのと、とにかく人が大きいのが印象的。2m越える人がうじゃうじゃ。


c0119649_237116.jpgそして、いろんなもののデザインがいちいちかわいい。こちらは、マチルダココアのパッケージ。


c0119649_2383722.jpgデンマークの有名な建築家といえばヤコブセン。

彼のデザインしたホテルに宿泊。エッグチェアはこのホテルのために作られたそう。ロビーも室内も名作家具がごろごろ。


c0119649_2372797.jpgこちらは、王立図書館から運河を覗いた図。

とてもモダンな建物で、通称はブラックダイヤモンド。外側は黒い花崗岩で光っている。シュミット、ハンマー&ラッセン作。


c0119649_2374869.jpg図書館の外では、みなが思い思いに本読んだり、絵を描いたり、パソコンしたり・・・なんともゆったりした時間。

「成熟」というワードがもっともぴったりくる街。中国の対極、だな。

c0119649_23433363.jpg

[PR]
# by hana_TK | 2010-08-16 23:17 | Travel

上海へ下見

はて、気づいてみたら、またもや、ずいぶんとブログがご無沙汰になってしまっていたよう。

その間に、実は、なかなか激しく人生の転換期を迎え、8月末から、上海で暮らす展開に。
旦那の転勤が正式に決まったのが5月。それから悩み、会社ともあれこれ調整し、結局、会社を辞めてついていくことに。海外で暮らすのはとても貴重な経験で、それはNYでも身にしみて感じたこと。なので、ついていくことに迷いはあまりなく、仕事は一応、上海オフィスもあったので、そこで働く交渉をするかどうかが悩みどころだったものの、一度辞めて、まずは言葉を覚えることを選択した次第。長い目で見たときの幅の広がりだったり、家族の視点も考慮して。なので、暮らしが様変わり。

c0119649_3542832.jpgというわけで、7月に新居探しのため、数日、上海に行ってました。もう1か月も前のことではあるのだけれど・・・。
ひたすら部屋を見まくっていたので、観光らしきことはせず。

ただ、3年前に来た時よりも、万博の影響もあって、街自体がとても洗練された印象。とはいえ、パジャマの人も見かけたけれど。


c0119649_3551035.jpg9月から行こうと思っている大学も見学に。上海の中心部にあって、古い建物が多いのだけれど、留学生向けは、意識してか、かなり新しい内装になっていた。

とりあえず、週5日、まじめに半年、中国語コースに通うことに。若者にまじって、だいじょうぶか、若干不安なものの。それより、中国語は全くゼロからのスタートなので、いきなり大丈夫なんだっけ?と思うものの、まあ飛び込んでみようかな、と。


c0119649_354563.jpg結局、マンションは、かなりの数を見たものの、1番最初に見たところに。そのあといろいろあって、結局、そのマンションの別の部屋になったのだけれど。日本人ばかりいるマンション・エリアもあるのだけれど、せっかくなので、欧米人など他人種の外国人も住まうエリアに。

日本と変わらぬブランドもたくさん進出していて、住む場所のすぐ近くには、PAULも。なぜかこの店を見て、妙に安心。



c0119649_3544243.jpgスーパーも視察。野菜の種類がたくさん。どう使い分けていいのやら。生野菜は危険らしいので、調理法を開発せねば。

そういえば、中国では様々なサイトが規制されていて、twitterやFacebookも見れない(twitterは裏ワザで見れるけれど)。そして、このエキサイトブログも見えない。なので、向こうに行ったらどうしようかなーと思案中。
[PR]
# by hana_TK | 2010-08-15 01:53 | Travel
ブログが恐ろしくご無沙汰になってしまい。存在すら忘れるほどに、いろんなことが続いて多忙な状態でした。気を取り直して、もはや1か月も前のできごとですが、週末利用して行った石垣島のことでも。

c0119649_12461796.jpg沖縄でも離島は初めて。那覇で乗り換え、もはや外国?という遠さ。そして空港から街に向かうと、看板が日本語な以外は、南国アジアの雰囲気そのもの。梅雨が明けていなかったこともあって、湿度はかなり高め。

写真は川平湾。すっきり快晴でなかったのが残念だけれど、エメラルドグリーンの海に癒される。残念ながらここは遊泳禁止エリア。

あとは、ビーチやプールでのんびりしたり、シーカヤックで大海原を渡ったり。

c0119649_12464174.jpg沖縄といえば、食も楽しみの一つ。石垣では、やっぱり石垣牛。

食べログでもやたら人気の「炭火焼肉やまもと」にて。甘みがあってとてもおいしい肉たち。東京ではありえないCPのよさ。満足度高し。

c0119649_12483117.jpgあとは、八重山そば。本島の沖縄そばよりも、麺が細くて丸いのが特徴。うどんに近い印象で、とてもやさしい味。


c0119649_12471665.jpg石垣島からフェリーで10分で行ける、竹富島にも足を運んでみた。石垣島とはまた違う、赤い屋根にとてものんびりした雰囲気の島。1週間とか何もせずにここでひたすらぼーっと暮らしてみたくなるような。星のやができる計画もあるよう。

定番の水牛車に乗っての観光も、人が歩くよりゆったりペースで、なかなか面白かった。水牛自体は北海道出身だったりするのだけれど、こういう売り出しって観光業としては重要。

c0119649_1247301.jpg竹富島は小さな島なので、自転車を借りて島を巡る。カイジ浜では、星の砂がたくさん見つかって、うれしい。売られているのはよく目にするけれど、砂浜で自分の目で見つけた経験って初めて。

そして、猫が似合う島。

そんなこんなで、一足早い夏休みを堪能。他の離島にも行ってみたくなった。
[PR]
# by hana_TK | 2010-07-11 13:15 | Travel