あちこち足を運んだおでかけ記録です。東京暮らしもあと少し。


by hana_TK

<   2008年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

c0119649_22493621.jpg
天龍寺を訪れたついでに、5分で行けるという表示を見て、行ってみるか、と訪れた常寂光寺。それほど期待していなかったのだけれど・・・

More
[PR]
by hana_TK | 2008-11-30 22:46 | Travel
c0119649_22332972.jpg
電車を乗り継いで嵐山へ。渡月橋は左側通行に制限されるほど、すごい人だった。山が絵の具を塗ったようなカラフルな色合いできれい。

More
[PR]
by hana_TK | 2008-11-30 22:37 | Travel
c0119649_225746.jpg
京都づいている近年。春の桜、夏の大文字に続き、秋の京都にも行ってきました。

まず向かったのは、北野天満宮。

More
[PR]
by hana_TK | 2008-11-30 21:45 | Travel
c0119649_22554837.jpg
この歳になり、結婚してしばらく経って、やっと料理に目覚めてきた私。最近はスイーツ作りにもはまっている。1日お菓子教室なんぞに行って、本格的モンブランにチャレンジ!

More
[PR]
by hana_TK | 2008-11-26 22:53 | Sweets
c0119649_23162743.jpg約3か月ぶりの、大好きな上原ひろみのライブ@東京国際フォーラム。

国際フォーラムでもホールCは初めて。花梨材が使われていて、一番大きいホールAよりも上質感漂う感じ。3階席なのでかなり遠かったけれど、オペラグラス持参で神業もしっかり目に焼きつけた。変わらぬ笑顔、そして聞きなれた曲たちがさらにパワーアップして勢いづいていていて。「修行」と称して世界中飛び回って演奏する彼女の姿勢、そして戻ってくるたびの成長ぶりには脱帽。特にアンコールの「Green Tea Farm」は今まで何度も聴いたけれど、今回がベスト。涙が出そうなくらい。

いつも元気と刺激をありがとう。今年は年末も2度演奏するけれど、残念ながら旅行の予定で参加できず。また来年会えるのを楽しみに、私も頑張らなきゃだなあ。

写真は彼女のブログより。
[PR]
by hana_TK | 2008-11-23 23:15 | Performance

チーズを学ぶ

c0119649_2331340.jpgチーズの楽しみ方やパーティーアレンジのしかたを、1日講座で学びに。

4種類のチーズを試食。一番牧草がおいしい時期のミルクで作ったチーズがおいしくて、そのあとの熟成期間も足すことで旬のチーズが分かる、とか、盛りつけ方や切り方のちょっとした工夫とか、短時間で学べることたくさん。お酒も入ってすっかりいい気分で優雅なひととき。

身近に味わっているものでも、ちょっとした知識があるかないかで、楽しみも変わってくる。豊かな生活すべく、こうした機会を積極的に利用したいな。
[PR]
by hana_TK | 2008-11-22 23:01 | Groumet
c0119649_23371931.jpg日本シリーズの第6戦・7戦と2日続けて観戦に。

中学時代の熱烈巨人ファンだった私だったら、気絶してしまうくらいの最高の場面。


c0119649_2340219.jpgその時代に応援していた緒方が、いまや三塁の走塁コーチに。自分もみんなも歳取ったなあ、なんてしみじみ。ついついプレーよりもそちらに目が・・・。

せっかくだから、とオレンジのマフラーを回しながら、我が巨人を応援するも。。。盛り上がりながらも、まさかの悪夢、2連敗。


c0119649_23412667.jpgうーん、原監督の胴上げのはずが・・・。無念。

今年のプロ野球は3回観戦して、勝利を1度も味わえずに終わってしまってちょっと後味悪く。
[PR]
by hana_TK | 2008-11-10 23:35 | Performance

箱たんぼ収穫

c0119649_2315581.jpg6月に育て始めた「箱たんぼ」(詳しくはこちら)のその後。

分げつくらいまでは順調だったものの、紆余曲折あり、全滅かと思われた時期もあったものの、10月になり、ほーんの少しだけ、稲穂が。大部分は枯れてしまったのだけれど。。。

土を乾かして、はさみで土から5cmほどをカットして稲狩り完了。


c0119649_2318111.jpg刈った稲を1週間ほど乾かして、いよいよ脱穀のとき。

新聞紙の上で、ゆっくりモミを稲から外す。中がカラカラだったらどうしよう、と心配だったものの、一応、お米が入っている感触が。


c0119649_23203187.jpgすり鉢にモミを入れて、すりあげながら、息をふきかけてモミがらを飛ばし、玄米に。

この過程がけっこう大変。量が少なかったからよかったけれど、もともとの想定の2合分この作業をするのはかなり根性いる気が。

すりこぎ棒でついて、白米に。ほんとに小さくて、色も褐色や緑がかっている(なぜ?)のだけれど、一応、正真正銘のお米?!と感激。

c0119649_23221863.jpgとっても量が少ないので、市販のお米と混ぜて炊いてみた。でも、色が違うから、どれが自分たちで育てたのかは明白。精米の過程が甘かったのかもしれない。

見た目はどうであれ、手作りしたものは、やっぱりおいしく感じる。半年弱、お米を育てるミニ体験。成長の過程には驚きも多かったし、いつもの身近で大好きなお米がより愛しく感じたような。おいしいお米育てるって本当に大変なんだろうなあ。
[PR]
by hana_TK | 2008-11-03 23:30 | Others