あちこち足を運んだおでかけ記録です。東京暮らしもあと少し。


by hana_TK

カテゴリ:Travel( 110 )

ペナン島紀行2 建物編

c0119649_22513172.jpgペナン島の観光情報をちらほら。ペナンは、1786年から1957年まで英国の植民地で、東インド会社の拠点で東西貿易の要地として栄えてきた場所。現在の島の人口は約70万人。中国系・マレー系・インド系その他の多民族で構成されているので、いろんな文化を垣間見ることができる。

これは、クー・コンシ(邱公司)(Khoo Kongsi)。コンシとは中国式廟のことで、ペナン島にはいくつものコンシがあるものの、このクー・コンシは最も美しいとされている建物。


c0119649_22515059.jpg他を観ていないので、比較はできないものの、精巧な彫刻には目を見張るものがあった。福建省出身の邱氏一族のコミュニティの中心として利用されていた場所で、路地に囲まれた奥にあった。

←は本堂の中。極彩色とはまさしくこれ、という感じの独特な色使い。文化によって色の表現がぜんぜん違うので、こういうのは観ていて楽しい。



c0119649_2252983.jpgこちらはカピタン・クリン・モスク(Masjid Kapitan Keling)。

インド系のムスリム商人によって造られた、ペナン最古のモスク。約200年前に建てられたもの。遠くからでも目立つ巨大なモスクで、手前の塔の金色の花型の飾りがかわいかった。
[PR]
by hana_TK | 2007-08-20 22:52 | Travel
c0119649_23372382.jpg1週間の夏休みもとうとう今日で終わり・・・。かなり哀しい気分。

GWは海外行けなかったので、夏休みはひさびさ国外脱出したいなーと。どうしても、日常からかなり離れた世界に行かないと、仕事から頭を完全に切り換えて、リフレッシュするに至らないので・・・。再びNYに行きたい思いもかなり強かったものの、8月のNYの暑さは尋常ではないので断念。そして、選んだ先は島。ただひたすらのんびりするために、4泊6日でマレーシアのペナン島へ。2年前にボルネオ島に行って以来のマレーシア。

ペナン島は、「東洋の真珠」とも呼ばれるリゾートで、最近では、日本人だけでなく欧米人からも老後のロングステイ先として選ばれているらしい。首都クアラルンプールに次ぐマレーシア第2の都市、ジョージタウンがあり、マレー半島からも12kmほどの橋を渡れば訪れることができるので、便利といえば便利。


c0119649_2337433.jpg目的ののんびりを果たすために選んだ先は、イースタン&オリエンタルホテル。1885年の創業でクラシカルで格調高い雰囲気で、インテリアなども落ち着いていてサービスも気持ちいい。かといって、欧米リゾートほど料金が高くないのもアジアンリゾートのいいところ。

プールで、読みたかったミステリーなど読書に耽ったり、気ままに泳いだり、昼寝したり、何も考えず、脳みそがとろけ出たような気が・・・。


c0119649_2338991.jpg海自体は、ランカウイやボルネオのほうが透明度が高くて美しいと思う。朝日や夕暮れは絶景だったけれど、基本的には濁り気味で、あまりきれいではなかった。

でも、絶えず押し寄せる波の音を一日中聴き続けられるのは、最高の幸せの一つのような。

ビーチ沿いには、ホテルだけでなく、新しいリゾートマンションがさかんに建っている模様。


c0119649_23382984.jpgちょっと日差しは強かったけれど、外で食べるブレックファーストもよかったし、当初の目的ののんびりは、限りなく果たせた気が。果たして明日から仕事復帰できるかなあ・・・。

ちょろっと観光もしたので、その話は次回ご紹介を。
[PR]
by hana_TK | 2007-08-20 00:01 | Travel
c0119649_2054293.jpg夏休み第一弾ということで7月末に出かけたのは、涼しい上高地。訪れたのは高校生以来で、とても幻想的な印象があって、もう1回行ってみたかった場所。そして、実にひさびさにちょっとしたトレッキング。

てくてくと緑と川のせせらぎの中の小路を歩いていくと、次第に足取りが軽くなっていく気が。新鮮な空気で深呼吸すると、本当に救われる気分。忘れかけてたトレッキング魂に再び火が点きそう。


c0119649_21211710.jpg河童橋から臨む焼岳。天気は雨が急に降ったり、曇り気味だったりもしたのだけれど、早朝は青空も見えて穂高連峰はじめ、山がくっきり。梓川はどこまでも透明で光の具合でエメラルドになったり、いくら眺めていても飽きない景色。



c0119649_20545066.jpgトレッキングのお目当ての一つだった明神池。穂高神社奥宮の境内にあって、拝観料を払うと中に入れる。生憎たどりつく直前にかなりの雨が降り出して、あまりいい景色が見れないかも・・・と思っていたけれど、霧がかっている分、この世のものとは思えない神秘的な雰囲気を味わうことができて、逆によかったかも。

ちょっと遠くて早起きしての1泊でハードではあったものの、わざわざ行って眺める価値のある景色だった。こうやって、ときには自然に帰らねば。
[PR]
by hana_TK | 2007-08-07 20:53 | Travel
札幌ネタの続き。

前回、モエレ沼公園を訪れたときに、天気がよくなくてできなかったこともあったせいで、また夏に来たいなあ、と誓っていた念願を、今回はほぼ達成。

c0119649_0321184.jpgまずは、ちゃんと時間を計算して、1日に数回しかやっていない「海の噴水」を観れた。水柱が立ち上がりプログラムはスタートし、その後、増水して水が溢れ出し、波がうねり、嵐の海に。そして次第に穏やかに。40分もかけての展開としては、ちょっと先が読めてしまったあとは退屈気味ではあったのも確かなのだけれど、場面場面で驚きがあって、見れてよかった。


c0119649_0471045.jpgモエレ沼ビーチは、残念ながら風が強くて白いパラソルは出ていなかったのだけれど、池から水が波状に流れていて、子どもたちが水浴びしていて、夏気分を満喫。


c0119649_049100.jpgそして、今回の1番のヒットは、ガラスのピラミッド内にあるフレンチレストラン『ランファン・キ・レーヴ』。レストランの目の前にカラフルに咲く花畑があって、その先には遮るもののない空が広がっていて、なんとも贅沢。ガラス張りの室内から臨める景色は北海道ならでは、という気がした。


c0119649_0475349.jpgまずはウェイティングルームに案内されるのだけれど、ここも囲炉裏がある奥にはイサム・ノグチデザインのテーブルがあったり、と、和と洋が調和していて、とても落ち着く空間。そして、ダイニングは、オープンキッチンになっていて、なんの仕切りなく、調理をしている様子が見れるようになっているのもちょっと新鮮。


c0119649_019265.jpg料理は、ランチだと、2500円~のコースから選べる。前菜は、4種類の少量のアミューズの組み合わせを楽しめるようになっていて、黒い器が映えて、見た目がとてもきれい。


c0119649_0272527.jpg北海道の季節の野菜にこだわったメニューが多くて、最初から器に分けて出すだけではなく、あつあつのジャガイモがあとから添えられたり、紅茶を和の急須で出してきたり、と、プレゼンテーションも含めて楽しませてもらった気がする。食器やカトラリーもどれもシンプルかつオシャレだったし。

モエレ山にも登れたし、前回と2回あわせてやっと一通り堪能できた気が。満足。


[PR]
by hana_TK | 2007-07-31 00:37 | Travel
c0119649_23514685.jpg

またまた旅ネタ。ひょんなことで、先週末、札幌を訪れる機会ができ、ちょうど「サッポロ・シティ・ジャズ」というイベントがやっていたので、行ってみた。

このイベントは今年初のもので、7月21日~8月5日、札幌のいろんな場所で行われていて、最終日には私の大好きな上原ひろみも出演。残念ながらそれには行けないけれど、初日の中島公園での催しに、チケットもぎりぎり取れて、行くことができた。

この日は、「ホワイトロックミュージックテントライブ」というイベントで、食事やお酒も味わえる席が500人分用意された、大きな白いテントの中でのライブ。日本で初めて設置された映像投写式テントだということで、色とりどりの映像がテントの中と外に映って、なかなか幻想的で、かなり驚きだった。テント内にいくつか映写機があって、うまい具合に半球状のテント全体に表示されるようになっていて、音と映像を両方楽しみながらお酒も飲めて、ゆったりした時間を過ごせた。堅苦しさもまったくなくて、気ままな感じもよかった。屋外の直射日光はつらいけど、涼しい札幌のテントの中は気温的にもかなり快適だったし。

演奏のほうは、最初の1組はいまいちだったのだけれど、札幌で活躍する若手サックス奏者の佐藤洋祐のカルテットやピアニスト福居良の演奏など、選曲も楽しくて、やっぱりジャズは生に限る!と実感。
[PR]
by hana_TK | 2007-07-24 23:56 | Travel
c0119649_22283919.jpg先日の軽井沢で、気に入った場所をもう1つ紹介。

ロイヤルプリンス通りにある「長倉カフェ」。

森の中に小屋の黒張りが映えていて、外見もかなり好み。夫婦だけでやっている小さなカフェ。
営業日は、金、土、日曜、祝日だけで、自家製ケーキがなくなった時点で店じまい、というのも、商売っ気をまったく感じさせず、好きだからこそのこだわりが感じられる(そして、この働き方はとてつもなくうらやましかったり・・・)。



c0119649_2229889.jpg内観も、シャンデリアといい、机や椅子といい、ひとつずつ違うアンティークもので、古さとモダンさがいい感じに調和。

このときは、ちょうど、社会人10人ちょっとの集まりをやっていて、半分貸切状態だったのだけれど、居酒屋じゃなくて昼間にカフェで集合って、なんだか新鮮でいいなーと観察。



c0119649_22292225.jpg器は、インテリアにもマッチしたデザインのマイセン。1人ずつ違うものを出していて、ここにもこだわりが。コーヒーもほどよい濃さで、ゆったりな時間。



c0119649_22293887.jpgそしてウリのケーキは、私が行ったときにはもう種類が少なめだったのだけれど、狙っていた「シャンパン・ババロア」の最後の1つが手に入った。けっこうちゃんとシャンパンが入っていて、甘すぎず、繊細な味。ほのかな香りとしゅわーっとした感覚は、シャンパン好きにはいい感じかと。

天気がもっとよければ、外のテラスも気持ちよさそうだった。こうして、気に入る場所が見つかるのって、ちょっと幸せ。


長野県北佐久郡軽井沢町長倉 ロイヤルプリンス通り
営業時間・・・12:00~18:00(LO 17:30)
営業日・・・金、土、日曜、祝日
定休日・・・月曜~木曜
Tel:0267-46-0840 
[PR]
by hana_TK | 2007-07-15 22:30 | Travel
最近、旅意欲がものすごくて、あちこち毎週のように東京脱出をしている・・・。NYで毎日あれこれ出かけていたのと比べると、控えているつもりなのだけれど(?)、まだまだ知らない日本を貪欲に満喫しようと思っている今日このごろ。

c0119649_0331139.jpg上司から労働時間オーバーで有休取得指令が出たので、先日は初夏ひとあし手前の軽井沢へ。

とても有名どころではあるけれど、一度は行ってみたかったフレンチ「エルミタージュ ドゥ タムラ」を訪れた。水上勉氏の元別荘を改築した建物は、森の中にひっそりと佇んでいて、大きな窓から緑をたっぷり満喫しながら食事ができる。テラス席もあり。夜よりもランチのほうが景色が楽しめておススメ。


c0119649_0333214.jpgメニューはおまかせの1コースのみ(日によって値段別の3コースまである)。シェフの田村氏は、西麻布の「ラフェドール」というフレンチのオーナーシェフをしていた人物。その日に採れた素材によって毎日メニューが異なるとのこと。こってり系ではなくて、野菜や肉、魚のそのもののよさを活かした料理の数々。こちらは「オーマール海老とリードヴォーのキャベツ包み」。


c0119649_0335764.jpgこちらが「鮎のフリットをサラダ仕立てにして」。あつあつの鮎はかなり忘れられない味。野菜も各地から取り寄せた新鮮なものばかり。長野の地場にこだわっているのではなくて、日本各地・世界中から、これぞのものを直送で集めているとのこと。長野の赤軸ほうれん草、京都の万願寺とうがらし、ヤマガタの根曲がり筍、北海道のインカの目覚め・・・などなど。初めて味わった野菜もたくさん。


c0119649_0341361.jpgこちらはメインの「仔ウサギモモ肉のコンフィ」。肉もやわらかくておいしかったし、やっぱり付属の野菜が何より。

そのほか、貝類のゼリー寄せ、桃を切り抜いて冷たいスープにしたものや、魚料理、デザートまで、品数も多いけれど、味付けがあっさり目なのでついつい食べれてしまうメニュー展開。1品ずつ、見た目にも味にも驚きがあって、何より1つ1つの素材からくるおいしさにここまで感動したのはひさびさな気が。

多少おせっかいがちだけど街と店を愛しているのが伝わってくるマダムもいい味を出していたし、軽井沢に行ったら絶対また訪れたい一店。


c0119649_0391050.jpg夏前の軽井沢は、混雑もまだそれほどではなくて、バラもまだ咲き残っていて、生い茂る緑に心落ち着いて、なかなかいい気分転換になった気が。気になるお店は他にもたくさんあるし、スーパーなども充実していて、将来、ちょっと長めにステイしてみたい場所の候補の1つ。そのためにももう少し頑張って働かねば・・・。


[PR]
by hana_TK | 2007-07-01 23:56 | Travel
c0119649_22335210.jpg疲れの溜まった週末は、ちょっとひさびさ東京脱出。といっても、そんなに遠出ではなくて、熱海へ。

土曜日は晴天で、6月とはとても思えない、すっかり夏休みモードな雰囲気で、ビーチは海水浴やサーフィンを楽しむ人たちでいっぱい。


c0119649_2234307.jpg目指すは、去年12月にオープンしたばかりのリゾートホテル「HOTEL MICURAS」。MICURASとは、スペイン語の「MI(私の)」+「CURA(癒し)」+「S(複数形)」のコンセプトを表した造語だそう。

今までの熱海のイメージを覆す、大人のための癒し空間、という感じ。熱海サンビーチの目の前で、ほとんどの部屋がオーシャンビュー。初島もくっきり。エントランスもダイニングもバーも、光の使い方がとても上手で、落ち着くけれども驚きも楽しめる。こちらがロビー。


c0119649_22401973.jpgこちらがダイニング。濃紺を基調にしたシックなインテリア。ちなみに朝は、テーブルクロスがオレンジに変わって、雰囲気ががらりと違っていて、これまた新鮮。

メニューは女性を意識して、アンチエイジングをメインコンセプトにしていて、有機野菜とシーフードを中心にしたフレンチ。宿泊プランにコースが含まれている。


c0119649_2242148.jpg見た目も美しくて、ソースまで心行き届いた味で、どれも大満足。こちらは最後のデザートの一品。お皿の色と白のバランスがなんともきれい。

そして、このホテルの売りはなんといっても「スパ ザ シーダ」。フランスのゴッドハンドセラピストが開発したおというオリジナルトリートメント「アロマ プレッシャー」を含んだメニューが豊富で、代謝をよくするリンパドレナージュと、かなり力も強めで心地よい指圧が組み合わされていて極楽で溶けていくよう・・・。

c0119649_22581827.jpg源泉かけ流しの広い露天風呂には、寝湯やウッドデッキのスペースでくつろげたり、と、至れり尽くせりで、なんだかすっかり癒された気分。ちゃんとターゲットを絞って、その人たちを喜ばせるためのサービスを考えつくせば、ここまでホテルも再生できるんだよなあ、とちょっと仕事にも生かせるヒントも得たような気が。さて、明日からまた頑張って働かねば・・・。
[PR]
by hana_TK | 2007-06-24 23:00 | Travel
留学後、働き始めてあっという間の1ヶ月。突然忙しい日々に戻って、10ヶ月も間があったとは思えないほど元のように働いて、それでも体がついていかなかったのか、ひどい風邪にも見舞われたり。そして、やっとGW。

c0119649_025080.jpgGWは、2泊3日で札幌へ。今回、初めてモエレ沼公園を訪れた。NYのクィーンズにあるイサム・ノグチ庭園美術館を訪れて以来、とても気になっていた場所。彫刻家のイサム・ノグチが設計を手がけた、札幌郊外に広がる公園。強風だったものの、なんとか雨も降らず、だだっ広い公園をレンタサイクルでくるくると。

こちらは、コンサートのステージにも使われたりする「ミュージック・シェル」。2つのシェルの間にトイレや控え室も隠れているとはとても思えない、きれいなフォルム。


c0119649_03550.jpg左は、よくパンフレットなどにも使われている「ガラスのピラミッド」の中。
夏は、雪冷房システムを使っているとのことで、環境にもやさしい、憩いスペース。

奥に見えるのが、モエレ山。
冬はソリやスキーもできるらしい。強風のため、登るのは断念。



c0119649_032070.jpgこちらは、「海の噴水」。残念ながらこちらも時間が合わず、ショーは見れず。次回はぜひ見たい。

あとは、「サクラの森」に点在する遊具で、ひさしぶりに子ども気分で思いっきり遊べた。ブランコやすべり台やシーソーなどなど。色使いといい、ラインといい、こんな美しいものに囲まれて、子どものころから遊べたら、どんなに幸せなんだろう・・・。

まだまだ遊びつくせなかったところがたくさんあるので、今度は、パラソルの登場する夏にぜひ訪れてみたい。
[PR]
by hana_TK | 2007-05-01 23:56 | Travel

桜の京都を初体験

c0119649_225530100.jpg桜の時期の京都に一度は行きたいという念願を、やっと今年、達成!例年より暖かくて、桜に間に合うのか、直前まで不安だったけれど、結果的にはちょうどいい時期に訪れることができて、大満足。

桜の名所をいくつか廻った中でも、圧巻だったのは、平安神宮。「紅しだれコンサート」というイベントをちょうどやっていた。平安神宮の東神苑・貴賓館で、幻想的なコンサートが開かれて、ライトアップされた桜を目で楽しみながら、音にも酔いしれることができる、というなんとも贅沢な催し。

c0119649_22554581.jpg私が訪れた7日は、ネイティブアメリカンフルートの岡野弘幹さんが演奏。コンサートといっても、椅子があるわけではないので、桜をあれこれ愛でながら、歩いていく形。

桜のピンクと空の濃紺のコントラスト、水面に映る神殿の色、なんともステキな演出で、ああ日本人でよかった、という気分に。このイベントは今年で19回目とのこと。知らないだけで、日本にも感動できるスポットや催しが、たくさんあるんだろうなあ、と思った。


c0119649_2256065.jpg右は、銀閣寺から永観堂を超え、南禅寺までを結ぶ「哲学の道」。こちらも桜は満開直前で、人はたくさんだったけれど、いい天気の中、ゆったり散歩できて、気分よかった。

京都って何度行ってもいいところ。歳とったら季節の移り変わりを楽しみながら、ぜひぜひ住んでみたい街。
[PR]
by hana_TK | 2007-04-08 22:49 | Travel