あちこち足を運んだおでかけ記録です。東京暮らしもあと少し。


by hana_TK

憧れのウィンザー洞爺へ

c0119649_2305513.jpg夏休みが恋しいけれど、9月からは3連休が続くのがちょっと嬉しい。

ずっと国内よりも海外派だったけれど、最近、歳のせいか(?)、国内でゆっくり過ごす旅行に時間とお金を注ぐ贅沢を覚え始めた。近頃はそのために働いているのではないか、というくらい・・・。

そして、先週の3連休は、誕生日を迎えたこともあって、念願の『ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ』へ。札幌から電車と車を乗り継いで2時間半近くかかる、辺鄙なところにある、なんとも贅沢なリゾート。


1998年に拓銀の倒産により閉鎖に追い込まれながらも、2002年に再建し、こんなに辺鄙なところにありながら、ここまで成功していて人を魅惑する秘密は何なんだろう、とビジネスやサービス企画の視点からも非常に気になるホテル。来年の夏に行われるサミットの会場に選ばれたことでも注目を浴びている。


c0119649_2312436.jpgよく写真で紹介される、全面ガラス張りのロビー。もともと曇りや霧の多い気候で、晴天に恵まれる可能性はあまり高くないようで、初日は視界が著しく狭くて真っ白だたけれど、2日目には写真のような洞爺湖一望の景色が。ハープやピアノの生演奏も楽しめて心地よい。サミット視察も兼ねた中国の政府関係者と思わしき姿も。



c0119649_2375712.jpg部屋の窓からも緑と湖の広大な自然が広がっていて、雲が動いていくのをのんびり眺められる贅沢時間。夜景の見れる都会の高級ホテルもいいけれど、自然の眺めにはかなわない。

ホテルは海抜600mの丘の上にあるので、湖だけでなく、活火山の昭和新山や有珠山も眺めることができる。


c0119649_23244948.jpg景色だけでも十分魅惑されたけれど、サービス、そしてレストランの質の高さには感服。

ということで、詳細はちょっとずつ改めて紹介予定。
[PR]
by hana_TK | 2007-09-23 22:41 | Travel