あちこち足を運んだおでかけ記録です。東京暮らしもあと少し。


by hana_TK

山に例えるならば

ちょっとたまには仕事についてでも今の気分を記しておこうかと。

数年前、かなり山登りにはまっていた時期があって、国内外問わず、高い山にずいぶん登っていた。ふと思うと、あのときの苦しさに今の状況は似ていて。

もうそろそろ頂上が見えてきたかと思ったけれど、実は今日、やっと登山計画書を出して登山口にたどり着き、入山許可をもらった、というところだと認識した。一応、一旦の区切りではあるんだけれど。

c0119649_0164036.jpgしばらく海に惹き付けられて、すっかり山に使う筋肉は衰えて、リハビリもない状態で登っているから、なかなかにしんどい。
自分から手を挙げたくせに、本当にこの山に登りたかったのか疑問も生じてきたりして、何度か降りたい衝動に駆られたけれど、パーティーに迷惑がかかると思ったり、ここまで登ってきたのを無駄にしちゃいけない、と思って、なんとか堪えてる感じ。そして、楽しい瞬間ももちろんあるし、いろんな人に助けてもらっている幸せな身分でもあるのも事実。

まだ、この山の頂上がどこにあって、上までたどり着いたときの景色がどんなふうなのか、よく分からない。
その次にもっと高い山を目指したくなるのか、もう高さにこだわりはなくなって、それよりも個性のある山に惹かれるのか、頂上のないなだらかな道をハイキングするほうが楽しいと思うのか、はたまたやっぱり海に強烈に憧れてしまうのか、想像はできないけど、まずは登ってみるしかないか、と覚悟を決めたところ。

c0119649_0165788.jpgでも、せっかく山に登るからには、途中に景色を眺めて新鮮な空気を吸う余裕だけは持っていたいなあ。そのゆとりなしには、もうがむしゃらには頑張れないだろうし。NYでずいぶん自由に過ごして、今まで日本で知り合ってきた人たちとは違う生き方にもたくさん出会ったら、いろんなことに我慢をしたくなくなってしまった気がする。無理に人に認められたいとも全然思わなくなったし。自分の好きな世界で、好きなようにやりたいなあと思うこのごろ。覚悟したとはいっても、NYに戻りたい病はなかなか消えず・・・。

さてさて、実際の山登りは、今は遠ざかっているんだよねえ。自然とか、景色の雄大さには、相変わらず惹かれ続けているけれど、しんどくないほどほど感が今の気分。またそのうち挑戦したくなるものなのかな。写真は、2年くらい前に登った、立山(上)と、八ヶ岳(下)。
[PR]
by hana_TK | 2007-06-27 00:18 | Others