あちこち足を運んだおでかけ記録です。東京暮らしもあと少し。


by hana_TK

大門坂から那智大社へ

c0119649_0161426.jpg月曜を有休にして、2泊3日でちょっとひさびさの泊り旅行へ。旦那と私の母を連れての旅。目指すは、世界遺産にもなった熊野古道。祈りの聖地で癒されに。実は、母を連れていくと約束して早5年・・・・かなりの年月を経て、やっと実行できた旅でもあり。

1日目、まずは、関空から白浜を通り、延々ドライブして向かったのは熊野三山の1つ、那智大社。ちょっと手前で車を停めて、無料で利用できる杖を手にして、「大門坂」という石段の古道を歩く。まずは狭い舗装道路を抜けて。


c0119649_0233234.jpg石段を登って現れたのは、樹齢800年といわれる巨大な夫婦杉。

とても趣深くて、太古の昔にこの道を歩いた先人を思うと、神聖なる気持ちに。石段は全部で267段、ちょっと登りづらくて、杖があって正解。


c0119649_0283137.jpg古道を抜け、鳥居をくぐり、参道を通ると朱赤の社殿が現れる。色がとても鮮やか。


c0119649_0341273.jpg社殿の隣にある那智山青岸渡寺の境内からは、三重塔と那智の滝が見下ろせる。那智の滝は、落差133mで、日本一の直瀑とのこと。遠くからだとそこまでのインパクトは感じられなかったけれど、そもそも那智大社はこの滝を神とする自然崇拝からできていて、まさしく神々しい存在なんだなあと。


残念ながら、夕方、早くも日が暮れてきてしまい、お滝道という山道を下るうちにすっかり真っ暗に。滝にたどりついたときには、白く流れる線が見える以外は何も見えず(涙)。音とマイナスイオンだけ堪能し、一路、宿のある白浜へ。本日の走行距離320km!和歌山県って広い・・・。
[PR]
by hana_TK | 2009-11-12 00:44 | Travel