あちこち足を運んだおでかけ記録です。東京暮らしもあと少し。


by hana_TK

ラスベガスでショー三昧

c0119649_19184115.jpg
今回のラスベガス滞在のメイン目的の1つが、シルク・ドゥ・ソレイユを中心に本場のショーをたくさん楽しむこと。

自分の想像をはるかに超える、最高のエンターテイメントが味わえて、わくわく、ぞくぞく、言葉を失う感動の連続!!



今回観たショー(有料)は、以下5つ。

c0119649_2081585.jpg・「LE REVE(ル・レーブ)」
写真の円形の劇場で、会場に入ると真中にベッドが置かれている。水上・水中・空中のアクロバッドが繰り広げられるのだけれど、なんとも幻想的で、特に水中技は一体どうなっているのか、もう驚きの連続。一番前(一番安い席)だったので、水を浴びつつ、凄技を本当に間近で見れて本当に貴重な経験。


c0119649_205688.jpg・「O(オー)」
こちらもル・レーブと同じプロデューサーによるシルク・ドゥ・ソレイユの水中ショーなのだけれど、その完成度、何度も夢の中にいるんじゃないかと思う舞台と照明と人間の美しさに、鳥肌たつ思いだった。ラスベガスに行ったら絶対観るべきショー。


c0119649_2053058.jpg・「MYSTERE」
こちらは、ラスベガスで一番歴史の長いシルク・ドゥ・ソレイユのショー。技はオリンピック級、そして、幕開け前のピエロの展開から、最後の太鼓まで、大笑いしたり、意外性にはっとしたり、これぞ世界一流のエンターテイメント、という感じだった。


c0119649_2055435.jpg・「LANCE BURTON Master Magician」
こちらはマジックショー。古い雰囲気のステージで、最初は半信半疑だったのだけれど、後半に進むほど、大がかりな仕掛けで、本当に驚きの連続。いまだあの謎のしかけはなんなんだろう、と不思議でしょうがない。観客が参加するパートもたくさんあって、日本人の男性が選ばれていい味出していて大爆笑だったり、想像以上に楽しめた。


c0119649_2085787.jpg ・「CRAZY HORSE PARIS」
こちらはいわゆるヌードショーの類なのだけれど、フランスで人気のショーを再現していて、照明使いが絶妙で、光で衣をまとったように見せる技に驚き。出てくるダンサーはみんなもちろんナイスバディなのだけれど、あとであれはアメリカ人ではなく、皆フランスから来ている人達だと知って、なんとなく納得。女性でも抵抗感少なく楽しめるショーかと。

NYでは、オペラやミュージカルを堪能していたけれど、ラスベガスならではの、違うショーの面白さを新たに知った。世界最たるものを、目の前で見れるのって、本当に幸せ。
[PR]
by hana_TK | 2009-01-04 19:22 | Travel